その他

その他

決算書の数字等|名古屋の中小企業診断士

決算書の数字は過去のものだから分析しても意味がないという意見があります。一方で決算書には、過去にどのような経営を行ってきたかが数字になって現れています。損益計算には、1年間でどれぐらい売上があったのか?売上を得るためにどのぐらいコストをかけたのか?最終的にどのくらい利益が残ったのか?etc
その他

損益と収益等|名古屋の中小企業診断士

帳面上では黒字でも、現金や預金は減っているというケースがあります。利益を出すことはもちろん重要なのですが、事業を続けていくためには、ある意味で利益を出すこと以上にキャッシュをどれだけ持っているかが重要です。
その他

貸借対照表等|名古屋の中小企業診断士

損益計算書の数値は毎期リセットされてゼロからのスタートになります。一方で、貸借対照表の数値はリセットされずに引き継がれていきます。貸借対照表を見れば「現在までどのような経営をしてきて、どのような財政状態になっているのか」がわかります。
その他

手許現金等|名古屋の中小企業診断士

一定程度の手許現金があれば非常時にも慌てずに経営することができます。どのくらいの手許現金があればよいかは各事業者によって異なりますが、よく「月商○ヶ月分」というふうに表したりします。
その他

ブランディング等|名古屋の中小企業診断士

市場でトップになれば「~(商品)といえば〇〇(社名)」と顧客から言ってもらえるようになり、ブランドが生ることでマーケティングの効果・効率が高まります。競合が少ない市場の方がトップになりやすいので、商品力を高めることはもちろんですが、顧客ニーズや属性を絞って競合が少ない市場で勝負するという視点も重要ですね。