QRコード決済(PayPay)のユーザースキャンでの使用方法

PayPay(ペイペイ)は、QRコードを読み取ることでキャッシュレス決済を行います。

お店が消費者のQRコードを読み取る方式をストアスキャン、消費者がお店のQRコードを読み取る方式をユーザースキャンといいますが、今回はユーザースキャンでの使用方法をご紹介いたします。

※マイナポイントをもらうためのマイナポイント予約方法はマイキーIDを設定してマイナポイントを予約する方法|キャッシュレス決済をご覧ください。

ユーザースキャンでのQRコード決済

PayPayをタップして、アプリを立ち上げます。


すると、下記の画面が表示されるので、「支払う」をタップします。


下記の画面が表示されれば、「スキャンで支払い」をタップします。

ちなみに、ストアスキャンの場合は、ここで表示されているバーコードをお店に読み取ってもらいます。

「スキャンで支払い」をタップするとカメラが起動しますので、お店のQRコードをスキャン(枠にQRコードを収める)します。


スキャンに成功すると下記の画面が表示されるので、支払金額を入力して「支払う」をタップします。


支払い完了画面に切り替われば、それをお店に掲示して会計が終了となります。

まとめ

カードをかざすだけで決済が終了する非接触型の電子マネーに比べ、QRコード決済はアプリを立ち上げるなどの動作があるため、時間がかかります。

特に、ユーザースキャンの場合はカメラで読み取り金額を入力しなければいけないため、慣れるまでは手間取るかもしれません。

おまけ

2020年9月から国の新たな施策であるマイナポイント事業の実施が予定されています。 マイナポイントをもらうためには、マイナポイントの予約が必要です。

こちらの記事(マイキーIDを設定してマイナポイントを予約する方法|キャッシュレス決済)をご覧ください。